どんな人が消費者金融の審査に断られるの?

どんな人が消費者金融の審査に断られるの?

どんな人が消費者金融の審査に断られるの?

20代〜59歳の間で月に1回はキャッシングを利用していると言うアンケート結果も出ていますが、利用している理由の中で、急な出費のためが一番多く、生活費や買い物、中には返済のために利用している方もいるようです。消費者金融に融資を申し込むと必ず審査が行われます。

 

キャッシングの理由の中で返済のために利用しているとありますが、消費者金融の審査の基準で重要とされるのが、他社の借入れ件数があげられます。融資申込者の信用情報が情報機関で照合され、規定の数を超えていれば審査には通らないのです。複数の消費者金融からお金を借り、返済困難になる多重債務者とみなされ断る可能性が高くなりますね。

 

また、過去に返済遅延や自己破産を行った方は審査を通らないケースになります。消費者金融に限ったことではありませんが、年収・勤続年数なども審査の対象になりますし、自宅や会社での在宅確認ができなければ通らなくなります。確実に審査で断られるのは無職です。

 

無職であると言うことは収入がないので、返済不可能とみなされます。主婦の場合は、ご主人に収入があれば大丈夫ですが、収入がなければアウトですね。消費者金融によって審査基準は様々ですが、条件によっては断られる場合もあるようです。審査結果の内容説明はなく合否だけが伝えられます。

関連ページ

キャッシングは1万円でも借りれるの?
キャッシングは1万円でも借りることができるのでしょうか?キャッシングをするときに絶対に注意しておかなければいかない点とは?
働いてないとキャッシングできないの?
働いてないとキャッシングできないのでしょうか?キャッシングをするときに収入は非常に重要になりますが働いてなくてもキャッシングできるのか?