気になるブラックリストとは 

気になるブラックリストとは 

ブラックリストに載る、といういい方はよく聞きますが、実際問題として「ブラックリスト」というものはありません。ではブラックリストとは何かというと、金融業界が所持している事故情報のことを言います。

 

「事故」とは、ローンなど借り入れをしたお金を返さなくてはいけない期日に返さなかったり、破産宣告したり、といったことを指します。

 

もともとクレジットカードを作る際やローンを組む際に必要になった個人情報は「信用情報機関」に記録されます。ここに登録されるだけではブラックリストとはならないのですが、その後の返済が正常に行われないとブラックリストとして残されてしまうのです。一回遅延しただけでは載せられないのですが、例えば複数回遅延したり、返済するまでに期間がかかりすぎたり、債務整理などの救済措置をとったりした場合は載せられることになります。

 

ブラックリストに載るとどうなるのかというと、次にお金を借り入れしたいというとき審査にひっかかってしまう確率が格段にあがります。信用がないということですから、当然の結果ですね。