キャッシングの遅延損害金

キャッシングの遅延損害金とは?

キャッシングの遅延損害金とは、キャッシングの返済が遅れた場合に請求されるお金のことです。遅延利息や延滞利息と呼ばれることもあります。期日までに支払う約束を破ったことに対するペナルティとして課される金額を指します。

 

遅延損害金は、高い利率が適用されるので、一日も早く支払う必要があります。

 

キャッシングの遅延損害金は、月々の支払いが遅れた場合、その月々の金額に対して発生します。また、月々の支払いが何度も遅れた場合で、キャッシング契約が解除され、残った元本全体に発生する場合もあります。金銭貸借契約を結ぶ際には必ず返済期日があり、返済期日の約束を守らなかった場合、債務不履行となり、損害賠償を負います。

 

その損害賠償のことを遅延損害金とよんでいるのです。延損害金も利息と同じように、利息制限法と出資法で上限が決められています。利息制限法では上限を10万円未満で29.2%、10万円以上100万円未満で26.28%、100万円以上で21.9%と定めています。出資法では40.0004%が上限となっています。

 

上限利率は非常に高いので、遅延損害金の発生は何としても避けなければなりません。

関連ページ

グレーゾーン金利とは?
グレーゾーン金利とは一体どんなものでしょうか?キャッシングをするときにはどんなことを考えるのがいいのでしょうか?
キャッシングの賃金業法改正とは?
キャッシングの賃金業法改正でキャッシングはどのように変わったのでしょうか?キャッシングをするときにどんな変化が起きたのか?
キャッシングとカードローンの大きな違いは?
キャッシングとカードローンの大きな違いはどのようなところにあるんでしょうか?キャッシングやカードローンをするときの注意点は