キャッシングとカードローンの大きな違い

キャッシングとカードローンの大きな違いは?

キャッシングとカードローンの違いは、何となく曖昧でわかりにくい面があります。どちらもカードを使ってATMから現金を借りたり返済できるので、何かと共通点が多く、相違点がみつけにくいです。基本的に、クレジットカードについている現金を引き出す機能のことをキャッシングと呼び、現金の引き出しを目的とするものをカードローンと呼んでいます。

 

要するに、キャッシングは、クレジットカードで買い物をする際、現金の代わりとして支払いに利用するもので、現金を引き出すための1つの機能に過ぎません。一方、カードローンは、初めから現金を貸し出すために発行されるカードを指します。これが大きな違いになります。

 

純粋にお金を借りるのなら、カードローンということになります。金利も安いです。また、キャッシングの場合、お金を借りた翌月に、元金と金利を合わせた金額を一括で返済します。翌月一括払いになるので、どちらかというと小口融資になります。

 

『カードローン』は、
現金一括払いで購入することが難しい物に、金利を上乗せした金額を毎月支払っていくという形になります。

 

『キャッシング』が、
翌月の一括支払いであるのに対し、カードローンは基本、毎月決まった日に決まった額をリボ払いしていきます。

関連ページ

グレーゾーン金利とは?
グレーゾーン金利とは一体どんなものでしょうか?キャッシングをするときにはどんなことを考えるのがいいのでしょうか?
キャッシングの遅延損害金とは?
キャッシングの遅延損害金とはどんなものでしょうか?損害遅延金が発生してしまう状況とはどんな状況なのでしょうか?
キャッシングの賃金業法改正とは?
キャッシングの賃金業法改正でキャッシングはどのように変わったのでしょうか?キャッシングをするときにどんな変化が起きたのか?