グレーゾーン金利

グレーゾーン金利とは?

グレーゾーン金利とは、利息制限法の上限を超えて取っていた利息のことです。消費者金融などを利用した人が知らないうちに多く払い過ぎていた利息を言います。利息を多く払い続けていた人は、過払い請求といって返還を求めることができます。過払い分で残りの借金を完済している人もいるくらい、利息というのは大きいものです。

 

すでに借金を返済している人も過払い請求もできますし、誰かに知られるようなこともなく取り戻せます。グレーゾーン金利が廃止になり、以前より消費者金融でお金を借りられない人が増えました。金利が低くなったので審査基準が厳しくなったことが影響しています。そのお金を借りられない人は、いわゆる闇金と呼ばれるところへ流れてしまっています。

 

グレーゾーン金利により消費者金融などは取り過ぎた利息分を返さないとなりません。貸したら必ず返済できる人にしか貸さなくなるので、審査も当然厳しいものとなります。一部の利用者にとっては、メリットもありますが、これにより消費者金融から借りられなく、闇金を利用するしかなくなり、身を滅ぼす人も増えているのも事実です。

関連ページ

キャッシングの遅延損害金とは?
キャッシングの遅延損害金とはどんなものでしょうか?損害遅延金が発生してしまう状況とはどんな状況なのでしょうか?
キャッシングの賃金業法改正とは?
キャッシングの賃金業法改正でキャッシングはどのように変わったのでしょうか?キャッシングをするときにどんな変化が起きたのか?
キャッシングとカードローンの大きな違いは?
キャッシングとカードローンの大きな違いはどのようなところにあるんでしょうか?キャッシングやカードローンをするときの注意点は