キャッシングの賃金業法改正

キャッシングの賃金業法改正とは? 

キャッシングの賃金業法改正が行われて以来、消費者金融業界に大きな波紋を呼んでいます。上限金利の引き下げが、利益を圧迫する形となり、また、過払い利息の返還請求と相俟って、利益の大幅減少に追い込まれています。クレジットカード会社にも大きく影響していて、金利引き下げと過払い利息返還請求の打撃を受けています。

 

上限金利の引き下げにより、融資の審査基準を引き上げる結果となり、利益は大幅に減少し、圧迫されることとなりました。中小の貸金業者などは廃業が多発し、大手の消費者金融会社も利益が大幅減となりました。キャッシングの取扱高は毎月20%以上前年を割り込むこととなったのです。

 

今回の貸金業法改正の目玉となったのは、総量規制です!

 

個人の借入総額が年収の3分の1を超えてはならないというもので、50万円を超える貸付や他社残高を含めて100万円以上の貸付の場合、所得を証明する書類の提出が義務付けられることとなりました。今までは年収による制限はなかったのですが、借入が多重債務の原因になっていたことから、総量規制が導入されたのです。

 

総量規制の影響で、収入のない専業主婦やパートなど、収入の低い主婦の借り入れが困難になりました。

関連ページ

グレーゾーン金利とは?
グレーゾーン金利とは一体どんなものでしょうか?キャッシングをするときにはどんなことを考えるのがいいのでしょうか?
キャッシングの遅延損害金とは?
キャッシングの遅延損害金とはどんなものでしょうか?損害遅延金が発生してしまう状況とはどんな状況なのでしょうか?
キャッシングとカードローンの大きな違いは?
キャッシングとカードローンの大きな違いはどのようなところにあるんでしょうか?キャッシングやカードローンをするときの注意点は